カスタムメタデータの管理

カスタムメタデータを使用すれば、お客様のアセットに有用な情報を追加することができます。カスタムメタデータは、あらゆる種類のアセットと関連付けることができます。

カスタムメタデータの使用目的はさまざまです。以下にいくつかの使用例をご紹介いたします。

  • コンテンツの整理および分類
  • ビデオに関する情報を格納しておき、ビデオが埋め込まれたページにて表示
  • CSSデータなどを用いて、ビデオの表示方法を指定
  • ワークフロー統合のためのデータ処理

Backlot UIまたはBacklot APIからメタデータをアセットへ追加できます。ひとたび追加されれば、Backlot UIBacklot APIプレイヤーAPIを通じてメタデータを使用することができます。

アセットにつき名前/値ペアは最大100までとなっています。名前は 最大128文字まで入力できます。値は最大2,048文字まで入力できます。